home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo

? 編み物のよさについて | メイン | OttawaでのアメリカVISA更新(その1:申請書類) ?

2007年4月17日

 ■ アメリカの編み物事情について

 日本とアメリカの編み物における大きな違いは、編み方と編図である思います。
 アメリカに来てから知ったのですが、編み方にはヨーロッパ式とアメリカ式という大きな編み方のスタイルがあります。世界の他の地域では、また別のスタイルで編んでいるかもしれませんね。
 日本で主流の編み方は、ヨーロッパ式であるそうです。英語では continental knit といいます。(continental は、ヨーロッパ大陸を意味し、ヨーロッパからきたものをこのようにして呼ぶことがよくあります。)アメリカ式は、毛糸を編み棒にからめるようにして、編み目を作ります。ヨーロッパ式は、編み棒を動かして毛糸をからめて編み目を作ります。できあがる編み目は、ほとんど同じです。でもヨーロッパ式の方が、早く編めるし、編み目がそろうようです。ただ、ヨーロッパ式の方が早く疲れるようです。アメリカ式で編んでいるのを見ると、どうしてこんなに時間がかかるのに、このスタイルで編むのか不思議でした。アメリカ人の友達には、私のヨーロッパ式の編み方に感動して、教えてほしいという人もいましたし、実際ヨーロッパ式の編み物教室のクラスやDVDがアメリカでもかなり普及しています。ヨーロッパ式を習いたいアメリカ人は、多くいるようです。

 アメリカの編図には、日本の編図のような図が併記されているものもありますが、基本的には「どの行をどう編むか」言葉で説明されています。

 アメリカでは、全体的に日本よりも編み物をする人が多いですが、特に若い人(20代?30代)にも多いです。
 実際に編んだら着てみたいと思えるおしゃれなデザインが多いことも理由に考えられますが、数年前にハリウッドのセレブ達が編み物をおしゃれ(cool)な趣味としたことや、テロ以降、家の中で楽しめる趣味として見直されたことが、最近のアメリカの編み物ブームの原因のようです。その編み物ブームがそのまま、日本に輸入されたということです。

 

 アメリカにも編み物における資格のようなものはあります。でもテストのようなものではなく、お金を払えば誰でも会員になれる、編み物協会のようなものです。
 でも、私の周りの編み物仲間では、この会員になっている人はいないし、特に資格など気にしていないようです。
 人それぞれ、編み棒の持ち方も微妙に違うし、力加減も違う。自分にとって心地よい編み方を模索して、身につけるのがよいでしょう。

 毛糸屋のおばあちゃんが言った言葉で、とても印象的だったものがあります。先日、いつものように毛糸屋の陽の当たる窓辺で編み物をしていたら、新しいお客さんが入ってきました。その人は、編み物初心者で、編み目の大きさがそろわなくて、美しく編めないのが気に入らないと言っています。
 すると、毛糸屋のおばあちゃんは、「批評家みたいに編むのはやめなさい。楽しんで編んでいれば、そのうち、うまく編めるようになるよ。」と言いました。
 その通り、趣味で始めたことであるはずなのに、うまくいかなくて、イライラしたり、しょんぼりしたり。でも、義務でも仕事でもないのだから。楽しんで編みましょう。

 
 日本ではスペースの都合のためか、冬にはウールやカシミアの毛糸、夏にはコットンの糸というのが手芸屋の品揃えで、春夏にウールの毛糸を買うのは難しいように思います。(こういう場合のために、通販があるのでしょう。)
 アメリカでは、ブランケットなどの大作を冬に備えて、夏から3ヶ月くらいかけて、ゆっくり編む人が多いようです。店にも一年中、ウールでもコットンでもあらゆる素材の糸を買うことができます。値段も日本より3割くらいは安いです。ちなみに、アメリカでmade in Japan の野呂栄作さんのNOROシリーズが大人気です。

 編み棒に関しては、輪針>竹の編み棒(made in Japan)>金属の編み棒>プラスチックの編み棒 の順に人気があります。私の編み物仲間には、デニースというブランドの、長さと太さを調節できる輪針の愛用者が多いです。竹製は、ナチュラルな感じで癒されるからというのが人気の理由ですが、すべりが悪いので、細い糸を編む場合は避ける人が多いです。

 アメリカでは編み物をはじめとして、キルト、ソーイング、絵画、スクラップブックなど、あらゆるクラフトのDVD教材が豊富です。編み物のDVDも、いろいろな種類があり、とても役に立ちます。

 日本で何か趣味を始めると、そのゴールとして、その先生かプロとしての作家を目指す人が多いようですが、アメリカではかなりの編み物の腕があっても、特にそのようなゴールがある人は私の周りにはいません。たぶんこれは、アメリカ人の気質なのだと思います。

 編み物のように単調な作業を続けることは、リラックス効果があるということから、アメリカでは編み物は「心のヨガ」として、流行しています。偶然なのか、編み物仲間でヨガをしている人がけっこういます。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

投稿者 Mako : 2007年4月17日 13:34


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bearhome.jp/mt/mt-tb.cgi/166

コメントを投稿してください

(承認されるまではコメントは表示されません。)