home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo
? スピンドル | メイン | テディーベア・手芸 ?

2007年11月 4日
 ■ ドレスを着たテディーベア♀

Foffo.JPG

 このテディーベア(Teddy Bear)は、Vermont Teddy Bear Companyで買いました。
 
 キャラメル色の、女の子クマちゃんです。

 このままでは寒いでしょうから、ドレスを編んでみました。ベアの体のサイズを測って、オーダーメイドの(?)デザインにしてみました。

 ドレスの下から上へ編み、スカートがちょうどいい長さになったら、胴の部分をガーター編みで仕上げました。

 私には、ゴールデンレトリバー犬を見るとフォッフォ犬と勝手にあだ名をつける習慣があります。

 このテディーベアは、そんな雰囲気なので、フォッフォちゃんと呼んでいます☆

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年10月16日
 ■ テディーベアのロバート君

Robert.JPG
 このテディーベア(Teddy Bear)は、Sandra Polley 著「The Knitted Teddy Bear: Make Your Own Heirloom Toys with Dozens of Patterns for Unique Clothing and Accessories」の27ページにあるパターンから編みました。

 ガーター編みで作るテディーベアです。名前は、オリバーと申します。
 メリヤス編みで作るより、キュートで表情豊かなような気がします。

 アクセントに、大きめのボタンをジョイントにしました。

 くにゃくにゃと体が柔らかくて、何だか癒されます☆

 ヨガのポーズも得意そう! 手が長いので、クマですが、ネコパンチも得意です。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年9月26日
 ■ テディーベアのオリバー君

Oliver.JPG
 このテディーベア(Teddy Bear)は、Sandra Polley 著「The Knitted Teddy Bear: Make Your Own Heirloom Toys with Dozens of Patterns for Unique Clothing and Accessories」の77ページにあるパターンから編みました。

 この白クマくん、名前はオリバーと申します。

 ベビー用品を編むのに使う、ソフトな細めの毛糸でテディーベアを編みました。やわらかい手触りに仕上がったのが、お気に入りです☆

 私は、あみぐるみ(ぬいぐるみ)を編むときは、ゲージをあまり気にしません。こんな感じに作りたいなというイメージで毛糸を選んで、その毛糸に合う編み棒で編んでいきます。

 一年中手元で可愛がりたいときは、コットンの糸で、あみぐるみを作ります。

 ふわふわ?の癒し系あみぐるみを作るときは、モヘア混合糸を使用します。

 ウールは、適度にしまって、やさしい雰囲気になるので好きです。

 アクリルは、上質な糸を使えば、よごれても洗えて便利です。

 このテディーベアは、ガーター編みで作りました。

 白クマさんに、レインボーカラーのベストを着せてみました。ポップなアメリカンベアーに仕上がりました!

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年9月11日
 ■ 寝ている白クマさん

SleepySam.JPG
 この白クマさん(White Teddy Bear)は、Sandra Polley 著「The Knitted Teddy Bear: Make Your Own Heirloom Toys with Dozens of Patterns for Unique Clothing and Accessories」の60ページにあるパターンから編みました。

 メリヤス編みで編むテディーベアは、オーソドックスにかわいいです。

 この白クマさんは、いつも寝ているポーズのベアなので、手足を体に縫い付けるときは、体を横たえながらバランスを見てつけましょう。手足の裏が茶色で、ちらっと見えるのがチャームポイントです。

 そして、幸せそうに寝ている目を茶色の毛糸で描きます。

 私は、寝ている白クマさんは、ユニークでおもしろいなと思って、作ってみました。なぜかアメリカ人には、私が編んだテディーベアの中で一番人気でした。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年9月 7日
 ■ 初めてテディーベアを編むならば

old_bear.JPG
 このテディーベア(Teddy Bear)は、Sandra Polley著「The Knitted Teddy Bear: Make Your Own Heirloom Toys with Dozens of Patterns for Unique Clothing and Accessories」の33ページにあるパターンから編みました。

 ガーター編みした一枚の生地を縫って、ベアーの体を作っていきます。このベアーを作ってみると、他のテディーベアを作るときに応用できるので、基本のベアーとしておススメです。


ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年9月 3日
 ■ 元祖テディー・ベア

Old_bear2.JPG

 このテディーベア(Teddey Bear)は、このパターンを使って編みました。

 ベビーブランケットに使いたくなるような、ふわふわの糸
を使用します。

 アメリカの有名なテディーベア会社(Teddy Bear Company)であるVermont Teddy Bear Companyに行くと、歴代のテディーベアが展示されています。初代テディーベアは、ちょっとブサイクで、それがまた愛嬌があってキュートなのですが、このパターンでできるテディーベアにそっくりなのです。

この種のふわふわ糸で編むと、編み目に隙間ができて、綿を詰めたときに中の綿が見えてしまう場合があります。

 そんな時は、セーターを着せると、うまくカバーできて、ファッショナブルなテディーベア(Teddy Bear)になるので、おススメですよ!

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年8月28日
 ■ ガーター編みで作るテディーベア

 今回このパターンを使って編んだテディーベアを紹介します。

 ガーター編みの生地を縫い合わせて、ベアの形にします。

 耳は、毛糸で硬く結んで形を作り、鼻の部分を波縫し、その毛糸をひっぱって、立体的にします。

 シンプルなので、編みぐるみ初心者にお勧めのプロジェクトです。


ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年8月18日
 ■ ファッションリーダ・ベア

Ralf.JPG

 Sandra Polley著「The Knitted Teddy Bear: Make Your Own Heirloom Toys with Dozens of Patterns for Unique Clothing and Accessories」の57ページに出ているラルフ君(テディーベア・Teddy Bear)を編んでみました。

 Tシャツは短めで、おなかが出ているのがポイントです。

 ベビー用の靴下を編んで、履かせてみると、ベストファッション・ベアになりました!

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年7月14日
 ■ パペット劇場

我が家のパペット達を紹介しましょう!

Kristin Spurkland著「Knits from the Heart: Quick Projects for Generous Giving」のパターンから編んで、フェルト化しました。


IMG_3913.JPG
 まずは、ネコとクマ。最初のネコの目はボタンを使って作りました。その後、手芸屋にぬいぐるみ用の目が売っていることを発見。その後はそれを利用しています。

IMG_3914.JPG
 そしてネズミとネコ二匹目です。鈴をつけるとそれらしくなりました。

IMG_3927.JPG
 これはミトン作りを応用してみました。Makoオリジナルです。こちらの目も手芸屋さんで簡単に手に入ります。

IMG_3931.JPG
 そしてこちらはウサギです。このパターンで編みました。
 4月にイースターのお祭りがあり、アメリカではウサギがいたずらをして卵を隠すと言われています。これをイースターウサギ&タマゴと言います。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!