home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo

? 2008年1月 | メイン | 2008年3月 ?

2008年2月22日
 ■ アメリカンクッキング

 友達のスー(Sue)に、オーブンを使ったアメリカ料理を習いました。

 ターキーの料理の仕方を教えてくれると提案されたのですが、日本ではチキンの方が入手しやすいし、日本人の私の味覚に合うので、丸ごとチキンをオーブンで焼くポイントを教わりました。

 ホームパーティーするときのメニューで、アメリカ式マッシュポテト、インゲン豆のレシピなどを教わりました。

 調味料を何グラムなどという細かい作業はまったくせず、手のひらに塩やコショウをのせて、山の形にして量を見ます。


 <チキンを丸ごとオーブンで焼く方法>

 まず、チキンは軽く水でゆすいでから、キッチンタオルで水気を取ります。

 そして、フォークでチキンの表面全体にブツブツと突き刺して穴を開けて、塩コショウをします。

 焼き上がりの見た目の美しさのために、チキンの足をきれいに裏側に折り込みます。そして、オーブンに入れて焼きます。2時間?3時間、低温でじっくり焼きます。

 途中、30分に一度くらいの頻度で、オーブンから取り出して、チキンの表面に、チキンから出てきた汁(英語では、ジュースと呼んでいました。)をスポイトを使ってかけます。

 いい焼き色になったら出来上がりです。


 <アメリカン・マッシュポテトの作り方>

 じゃがいもを洗って皮をむき、一口大に切ります。(水にひたして灰汁をぬいた方がいいかもしれませんが、友達には、そんなことしなくていいよ?と言われました。)

 じゃがいもがちょうど浸るくらいの水の量で、柔らかくなるまで煮ます。

 煮たら、鍋からお湯を切って、粉ふきいもを作る要領で、水気を飛ばします。

 そして、熱々のうちに、バターを大さじ1程度と塩コショウを入れて、いもをつぶします。

 完成です!

 シンプルに、楽しく料理した後は、友達との会話をエンジョイします。

 チキンを丸ごと焼くのは大変かなと思いましたが、試してみるとそれほど難しくはありませんでした。シンプルなのに、見た目はゴージャスなので、ホームパーティーにはおススメです!

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

投稿時間 : 09:45 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 6日
 ■ こってり、おいしいラーメンが食べた?い!

 神戸に引っ越してきて以来、私たち好みの、こってりとしたおいしいラーメンを求め続けています。

 東京のグルメ本に載ってる、渋谷、永福町、池袋などのラーメン屋にいくつか行ってみましたが、どれもおいしかったです。でも、神戸のグルメ本やインターネットに載っているおいしいラーメン屋は、私たちにはあっさりして物足りないのです。

 寒い冬を迎えて、こってりしたラーメンを食べたいという思いがますます強くなってきました。

 私たちの好みは、豚骨ベースの醤油味で、家系ラーメンと呼ばれているそうです。

 そして、今回は神戸市東灘区にある、味濱屋というラーメン屋さんが私たち好みに近いという情報を主人が調べて、さっそく行ってみることにしました。

 今まで神戸で食べたラーメンの中では、一番よかったと思います。量が少なく、やっぱり醤油味が足りないかなという気がしますが、こってり感が好みでおいしかったです。

 もし、神戸?大阪にある、こってりラーメンでお勧めのお店があったら、ぜひ教えて下さい☆

 味濱屋の情報については、こちらです。

 http://www.walkerplus.com/kobe/gourmet/DETAIL/V-KOBEX-6RTAN436/

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

投稿時間 : 11:53 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)