home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo
? 映画&DVD | メイン | 花 ?

2008年4月11日
 ■ 英語のライティング力をつける!

 学生時代から英語の勉強には力を入れてきましたが、アメリカで友達を作ってから、より必死に英語力を伸ばしたいと思うようになりました。

 メールまめなアメリカ人の友達が、2?3日に一度はメールをくれるので、一日数通は英語のメールが届きます。
 文通よりもメールは返事を出すまでの期間が短いので、英語を書く頻度は増えます。
 せっかく私を想って、メールをくれるのだから、私も感謝の気持ちでそれに応えるように、できるだけ長い英文を書くように努力しています。

 このように英文を日頃から書き続けているおかげで、英語のライティングに対する抵抗感はなくなりました。

 でも、せっかく英文を書いても、添削してくれる人がいないと、改善はされないと思っています。
 
 私は友達に「私の英語にへんなところがあったら、教えてね!」と言ってあるのですが、私の友達は、それを好みません。
 元校長先生、高校の教師、政府職員など、きちんとした英語を話したり、書いたりすることを日頃から他人に指導している人たちなのに、私に訂正することを嫌がるのです。

 「Makoが英語の勉強を努力していることを知っているから、間違いをわざわざ指摘して気づかせたり、訂正したりすることは、気分がよくないの。このままで十分だよ!」

とか、

 「私は一言も日本語が話せないんだから、それに比べたらすごいって!」

とか、

 「昔、夫の仕事でドイツで生活したことがあるけど、まったく言葉がわからないまま帰ってきたよ。」

などなど、友達相手になると、やっぱり間違いをわざわざ伝えるのって抵抗があるのですね。

 実際にアメリカで生活する上では、会話力が一番大切で、ライティング力がなくてもほとんど困ることはありません。あとは、生活で必要な単語を読めることが大切です。
 こうして、日本とアメリカで離れていても、Keep in touchで連絡を取り合い続けたいという気持ちがあるから、英語のライティング力が必要だなと思うのです。
 
 英語にかけられる時間、エネルギーは限られているので、今の自分の状況において、どんな目的があるから、何が必要なのかということを考えて、目標達成に向かって努力するのが効率的なのですね。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年7月14日
 ■ 使える英語力を身につける(語彙力のアップ)

 英語の語彙力のつけ方について、私の勉強方法を紹介しましょう。
 映画や英語のドラマを見ていて、わからなかった単語をノートにメモしていきます。そして、後で調べて意味を確認します。その場で意味を調べるほうが、多くの意味を持つ単語の場合には、より正確になり、いいかもしれませんが、私は映画に夢中になってしまうので・・・。
 全部書き取ろうとがんばらずに、気になった単語を書きとめていく程度でよいと思います。
 そうすると、何回か同じ単語をメモしていることに気づきます。このようにして出会った英単語は、実際使える単語なので、語彙力をつけるのには効果的です。
 ただし、基本的な英単語力に自信がない場合は、

 「The Japan Times英単語ビルダー―読みながら増やす

などで頻出英単語を覚えておくと便利です。英単語のテキストには、例文とその例文あるいは単語を読むCD付きのものが理想的です。

 映画のスクリプト(セリフ)を利用して勉強することは、英会話の学習にとても効果的です。日常会話でよく使う表現、イディオム、英単語を効率的に勉強できます。
 最近、「映画で英語を学ぶ」ことが注目されているのか、映画のDVDつきで販売されるスクリプトが増えました。スクリーンプレイという出版社からは、比較的新しい映画のセリフ本が豊富に出ています。
例えば・・・

 「名作映画でぺらペラペラ英会話」のシリーズは、DVD付きでとてもお勧めです。


 映画で英語を学ぶ場合のコツとして、最近の映画はスラングが多いのに対し、1950年前後のクラシック映画はスラングが少なくとても聞き取りやすい英語を話しています。この時代のセリフはよく練られていて、英語の勉強をするのにとてもよい教材になる、ということを聞いたことがあります。オードリー・ヘップバーンが好きであれば、彼女の若い頃の作品はちょうどこの時代になりますので、お勧めです。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年7月13日
 ■ 必要な英語力について

 ネイティブと会話するのに必要な語学力について考えてみました。
 学生の頃から語学学習に興味があり、アメリカにくるまで、比較的英語力はある方かなと自分では思っていました。
 アメリカで生活を始めて2週間目くらいから、友達ができ始めました。そして会話をしてみると、意外と英語が通じないのです!「bird」「when」「where」「woman」などの簡単な単語を使っているのに、「What did you say?」や「I can't understand what you are saying」と言われました。
 やはり、日本語にない音声を自分流に発音しているつもりでも、ネイティブの人には、正しい音ではないので、伝わらないのでした。
 確かに、流暢に英語が話せたらかっこいいですが、日本人が日本人なまりの流暢な英語で話しているつもりでも、結構通じてないことがわかりました。
 
 そして、正しい英語の発音を身につけるしかない、と決心しました。
 最初は友達と話していて、通じなかった単語をノートにメモしておき、その都度友達に直してもらうという方法をとっていましたが、先日帰国した際画期的な発音矯正の教材を見つけました。

 その名もズバリ、「英語の発音がよくなる本」です。

 アメリカに来て、正しい発音の大切さを知るまで、あまり発音の重要性を認識していませんでした。
 でも、本当に使える・通じる英語力を身につけるためには、正しい発音を身につけるしかありません。
 発音を矯正することが目的であり、一から何か新しいことを学ぶのではないので、2週間しっかり訓練して、効果が出始めました。(短期集中で身につけることをお勧めします。)
 
 ネイティブが発音するときの、口の形をアップにした映像のDVDと音声CDがついています。こういうDVD教材があったらいいなと、去年からアメリカ人の英語の先生に聞いたり、本屋で尋ねたりしていたのですが、ずっと見つけられずにいたのです。そんな画期的な教材を何と、日本で見つけてしまいました。

 正しい発音が身につけば、次第に英会話力も上達するでしょう。特に英語を流暢に話そうと意識する必要はないと思います。使える英語を身につけるということは、言いたいことを伝えることができるということが目的です。

 ちなみに、アメリカにはイタリア系・中国系を始めとしてさまざまな国からの移民がいます。ピザ屋で働いている人、タクシーの運転手、スーパーの店員などには移民が多いです。彼らはイタリア訛り、あるいはスペイン訛り、中国訛りの英語を話しているので、私の日本語訛りの英語も違和感なく受け入れられます。

 

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年6月11日
 ■ アメリカにおける外国語

 アメリカでは、学校によりますが、高校と大学で英語以外の外国語を学ぶそうです。
 英語を母国語としていて、外国語の勉強を熱心にしている人の間には、フランス語が人気のようです。理由は、フランスのファッションや、フランス語自体がCool!だからということです。
 ここNY州のTroy市、Cohoes市などの郊外では、それほど熱心に外国語を勉強したいという人は見かけません。
 「日本語を教えて」と言われたことは、ほとんどありません。私が夫と携帯で電話するとき、いつも「もしもし・・・」と始めるので、友達に「モシモ?シ?」とまねされることはありますが。
 ただ、日本文化には興味があるようで、特に折り紙、、着物、茶道、生け花などを見たいと言われて、教えたことはあります。
 アメリカ人は、海外旅行しても英語を使い続けて、困ることはそれほどないそうです。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2007年6月 9日
 ■ マクドナルドの正しい発音の仕方

 日本でおなじみのマクドナルド(MacDonald)は、東京ではマック、大阪ではマクドと呼ばれているようです。

 アメリカ英語で「マクドナルド」をネイティブ風に発音するには、コツがあります。

 ドナルドという言葉自体、日本語の発音を忘れて、「ド」に一番アクセントを置いて発音するものだと心得て下さい。これを数回練習します。

 これをマスターしたら、小声で「マック」を頭につけて、「マック・ド(!)ナルド」とつなげます。

 McDonald というのは、スコットランド系のファミリーネーム(苗字)で、頭に「Mc」とついているのが特徴です。

 ネイティブ風に発音すると、どちらかと言えば大阪流「マクド」に近いようですね。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2006年8月22日
 ■ 日本語教師

日本では、日本にいる外国人に日本語を教える日本語教師がいます。でも日本語教師になるためには、資格が必要です。
アメリカには英語を話せない人が多いので、趣味で英語を教えてくれる先生がたくさんいます。ボランティアなので教師になるためにはお金もかからないし、資格も問われません。何度か英語指導法の講習を受けてから登録し、教師になることができます。教師といっても友達感覚で趣味を共有して楽しい時間を過ごすことができます。
日本でも、教師になるために資格を問わず、ボランティアで日本語を教えられるシステムがあればいいなと思いました。外国人の友達ができるのは、本当にすばらしいです。私は生花と茶道を習ったので、外国人に日本語とこれらの日本文化を教えられたらいいなと思っています。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

2006年8月18日
 ■ 効果的な英会話の学習方法

まず、アメリカで生活するにあたり、英語を完璧にマスターしていないといけないかというと、全くそんなことはありません。アメリカは移民の国なので、いろいろな国からやってきた人が生活しています。私のアメリカ人の友達では両親がドイツ人、両親がイタリア人、おばあちゃんがポーランド人というように、結構近い世代で移民してきている人が多いようです。
英語を話せないことが特別に珍しいことではないので、英語を教えるボランティアの組織がいくつもあります。私の英語の発音(bird,heardが特に通じない!)がおかしくても、気にしないで対応してくれます。買い物をするなどの日常生活には全く問題ありません。
友達が私に対して話すときは、簡単な単語でゆっくり聞き取りやすいように話してくれるので、ほとんど理解できます。でも、友達同士が話している時や、笑い出した時の笑いのツボが追いつけない場合がほとんどです。「ドクタードリトル」のような子供向けの映画は比較的理解できても、やっぱり「パイレーツオブカリビアン」のような大人向けの映画を字幕なしの英語で理解するのは厳しかったです。

続きを読む "効果的な英会話の学習方法"

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!