home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo

? 2008年2月 | メイン | 2008年4月 ?

2008年3月22日
 ■ 妊婦日記スタート

 私は現在妊娠中で、ようやく安定期に入りました。PCの前に30分以上いると、体調が悪くなっていたのでしばらく記事の更新が滞っていましたが、やっと再開です。

 私も、雑誌のアンケートで多数派にある通り、検査薬で陽性と出たので、産婦人科に行ってみることにしました。

 神戸生活を始めて3ヶ月経った頃で、どの病院がよいかは周囲の人のアドバイスに頼りました。こういうときは、ネット情報だけでは心配なので、知人の評判・口コミは参考になりました。

 最初の検診では、モニターで私のおなかの中に卵のようなものがあるのを見せてもらいました。とてもびっくりしました!まだおなかに違和感もないので、不思議な感じでした。

 そのとき、「妊娠してますね。次回は2週間後に来てください。」とだけ言われました。
 病院が少し混んでいたので、「コーヒーや紅茶は飲んでも大丈夫ですか?食べてはいけないものはありますか?激しい運動は?」と、とっさに聞くのが精一杯でした。

 そのときの答えは、「コーヒーなどカフェインを含む飲み物は、1日10杯以上飲まなければ大丈夫ですよ。今まで通りに普通に生活していればいいんですよ。」ということでした。

 帰宅してから、母子手帳は一体いつどこでもらってくるんだろう?病院では何も言われなかったけど・・・。と疑問に思い、インターネットで調べると、区役所で配布しているとわかりました。

 区役所のホームページで、「妊娠がわかり次第、すみやかに母子手帳を取りに来てください。」と書いてあるので、さっそくその週のうちに取りに行きました。

 最初の担当医は、ちょっと頼りないような気がしてしまい、3人の医者のいる産婦人科なので、二回目の検診は別の医者の日に行ってみました。

 母子手帳は必要かな?と思い、提出すると、医者はやや怒った様子で、「こちらで安定したとみなして、母子手帳を受け取るのに必要な書類を渡してから、取りに行ってもらうことになっています。」としばらく注意を受けてしまいました。何もわからなかったから、自分で調べてみて、取りに行ったのですが、初回で教えてもらえればよかったのになあと思いました。

 4週目頃から約一ヶ月つわりの状態が続いたと思います。少量しか食べられず、おなかいっぱい食べ過ぎてしまうと、気分が悪くなってしまいます。けれど、おなかがすくとまた気分が悪くなるので、空腹を感じないよう食べ続けました。

 初めての出産ですし、信頼できる産婦人科に通いたいと思い、3回目から病院を変えるか、ラストチャンスで残っている医者に見てもらうか考えました。

 家から比較的近くて通える産婦人科で、他に候補の挙がったところは、どこも見てもらえる先生が一人。したがって、見てもらえる曜日・時間も制限されます。
 やっぱり医者が複数いるというのは、魅力です。緊急のときを考えると、安心できます。

 ・・・というわけで、3回目は同じ病院で、別の医者に見てもらうことにしました。

 今回は、話しやすくて安心できる雰囲気でした。おなかの赤ちゃんが、くるくるよく動いているのが見られて、感動しました!キックしているのも見られましたが、全然感じません。私のおなかの壁が厚いのか、微動だにしません。

 赤ちゃんの様子が見られるので、検診が楽しみになりました。同じ病院でも、医者との相性があることもよくわかりました。

 赤ちゃんに、帽子・靴下・洋服など編んだり、縫ったりして作りたいのですが、まだ男の子か女の子か、わからないので、色が選べません!白で編むのはちょっと飽きました・・・。

 今は白い布に、テディーベアをクロスステッチしていて、ブランケットにする予定です。
  
 ママになると、子供に服やおもちゃなどを作りたくて、ますますハンドメイドにはまってしまいそうです!

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

投稿時間 : 19:18 個別ページ表示 | コメント (2) | トラックバック (0)