home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo

? OttawaでのアメリカVISA更新(その1:申請書類) | メイン | 冬のMontreal(モントリオール)?Ottawa(オタワ) ?

2007年4月20日

 ■ OttawaでのアメリカVISA更新(その2:バスでのカナダ入国とビザ申請)

前のエントリーでは、
OttawaでのアメリカVISA更新(その1:申請書類)を記載しました。
ここでは、バス(Greyhound)でのカナダ入国とビザ申請に関して記述します。

ビザの申請はOttawaで行います。そのためには、遅くとも前日までにはOttawaに到着している必要がありますが、今回は申請日が月曜日だったため土曜日にAlbany(NY)からMontrealに行き、一泊してから日曜日にOttawaに向かいました。

AlbanyからOttawaに行くためにはバスでMontrealまで行き、乗り換えてOttawaに行かなくてはなりません。また、バスのチケットも、シーズンにもよりますが、AlbanyからOttawaまでの往復を買うのが一番安上がりです。これは、例えば、Ottawa発のAlbany往復や、Albany-Montreal、Montreal-Ottawaを別々に買ったり、Montreal-Ottawaを往復で、Albany-Montrealを片道ずつ買うのと比べた場合です。

 これは、Greyhound U.S.Aでは扱っている割引チケットがGreyhound Canadaでは無かったりするためです。

さて、ここで一つ問題があります。今回の旅行は土曜日にMontrealまで行き、日曜日にOttawaに行くため、連続の往復チケットを買うと、Montreal発のバスが前日夕方になってしまうため、そのチケットが使えるかどうか?です。ただし、仮に使えなかった場合でも、Albany-Ottawaの往復+Montreal-Ottawaの片道の合計代金の方が、バラバラに買うよりもお得なのです!

結論としては・・・Monteralに土曜日に到着した際、チケット売り場でペナルティーを払って交換できるか聞いたところ交換は不可。でも、そのチケットで乗れると思うよ。と言われ、実際にチケット記載の翌日でも、問題なく乗ることが出来ました。

 
 さて、バスでのカナダ入国に関するHPがあまり見当たらなかったので、それに関して書きたいと思います。カナダへGreyhoundでの入国は、国境の検問でパスポートなどのチェックがあります。ここで、アメリカからカナダへの入国の際には、バスのトランクに預けてあるものも含め、全ての手荷物を持って入国手続きをします。今回はビザの更新のためでしたので、ビザ更新の旨を伝え、あらかじめ印刷しておいたAppointment Letterを見せました。また、帰りはどうやって帰るのか?今日はどこに泊まるのか?などの質問を受けました。この際、もし持っていれば帰りのバスチケットや、ホテルの予約書類を用意しておいた方が良いと思います。

それほど大きくない建物で入国手続きが行われ、終わった人はブースを通過しますが、全員が終わるまでバスに乗らずに待ちます。そのため、入国手続きで手間取る人がいるとバスが遅れますので、その後の予定には余裕を見た方が良いでしょう。現に私たちの場合も、特に多くの乗客がいたわけでも無く、手間取ったわけでもなかったのに、30分ほど予定よりも到着が遅れました。途中吹雪だったためでしょうか?
Duty Free Shop
これは、国境直前にあったDutyFreeShopです。

さて、カナダからアメリカへの入国では、バスのトランクに積まれている荷物は外に出されていましたが、特に持っていかず、また、手荷物もそこに一緒に並べなくてはいけませんでした。今回私たちは、Ottawaでビザ更新を行ったため、その際にI-94を回収されています。そこで、この国境でI-94を作成してもらう必要があり、他の人よりも時間がかかります。単なる旅行の場合は、I-94は回収されないと思いますので、あまり気にしなくても良いですが、私たちのようなケースでは、早めにバスを降りて、早めに入国審査をしてもらった方が良いでしょう。この際、手続きの費用として、一人当たり確か$10徴収されます。


さて、次はOttawaでのビザ申請です。
注意点:ビザ申請に必要な書類以外の荷物は、出来るだけ持っていかないようにしましょう。鞄などもダメです。
申請書の注意欄を良く読むと書いてあるのですが、それを見落としていた私は、荷物を置きにホテルまで往復し大変な思いをしました。基本的には予約時間の15分くらい前から入れるようです。ですが、当日の朝一番の予約時間帯で無い場合は、昼ごろまでかかってしまうことを覚悟しましょう。また、くれぐれも申請料金のアメリカドル$100x人数分を忘れないように。

面接自体はそれほど難しくなく、書類を確認してほぼ終了という感じでした。翌日の15時以降に受け取るための引換券を貰って終了。あっけないものでした。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

投稿者 Hide : 2007年4月20日 13:47


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bearhome.jp/mt/mt-tb.cgi/168

コメントを投稿してください

(承認されるまではコメントは表示されません。)