home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo

? スイス8日目(ユングフラウヨッホ) | メイン | スイス10日目(ツェルマット2日目) ?

2006年9月17日

 ■ スイス9日目(ツェルマット1日目)

スイス9日目(ツェルマット1日目)のアルバムページはこちら。合わせてご覧下さい。

 さて、今日はユングフラウの山々を後にして、ツェルマッと(Zermatt)への移動です。実は今日の夜も山岳ホテルを予約しているので、ホテルに上がるための時間を考慮しなくてはなりません。


ところが・・・

06_09_17Swiss_002.JPG

ご覧のようにお天気は雨。。。。。悲しい????。でも、幸か不幸か、一応移動日に当たったのが救いでしょうか。

 グリンデルワルトなどがあるベルナーオーバーランド(Berner Oberland)地方からツェルマットまで、意外と乗り換えがありました。多分、うまく連絡をしている列車に乗れば乗り換え回数を減らすことは出来るのかもしれませんが・・・。前のエントリーにも書きましたが、各時刻表は、事前にスイス国鉄SBBのサイトで時刻表や値段が調べられます。また、オリジナル時刻表を作成すると、ある区間の乗り継ぎ電車を時系列で表示してくれます。使い方は、スイス政府観光局のこちらが参考になります。

 この時刻表、普通の列車のみではなく山岳列車やロープウェイなども考慮されています!そう、私たちの出発地はメンリッヒェンの山の上。ですので、最初に乗るのはロープウェイなのですが、オリジナル時刻表の作成時に、ちゃんとロープウェイの出発時刻も考慮されていました!

 あいにくの雨&山の上は風が強かったので、

 もしかしてロープウェイは動いていないのでは??

 と思いましたが、無事に動いていました。良かった??こんなに大きな荷物(二人で海外旅行用のスーツケース1つと小さいバック&リュック)を持って歩いて降りるのは不可能ですし。

 出発は8時半。20分過ぎに宿を出て3分ほど頑張って歩くとロープウェイ駅に到着。雨に濡れての移動です。さて、急いで到着したものの切符売り場に人がいません。少し待っていると階段下から人が上がってきました。ようやく出発です。

 ヴェンゲン(Wegen)での乗り換え時間があまり無いんだよな??と思いつつ、定刻を2?3分送れて出発。私たち以外には誰も乗客はいませんでした。当然なんですが・・・。始発で下りのロープウェイに乗る人って、メンリッヒェンの宿に泊まっている人以外はいないですよね。乗車中、天気が悪くて残念だったね。と言われました。すごく良いおじさんで、天気が悪くて残念な気持ちが少しは晴れました。

 ヴェンゲンでの乗り換えは急ぎましたが、ツェルマット(Zermatt)までは乗り換えの回数が多いものの比較的スムーズに行きました。


 さあ、いよいよマッターホルンとご対面!と思いきや、残念ながらこの天気。ツェルマットも雨でした。朝出発して1時頃に到着した私たちは、大きな荷物を駅に預けてとりあえず昼食タイム!

で、食べたものはコレ!

06_09_17Swiss_022.JPG

 スイス料理と言えば・・・という、チーズフォンデュ。実は、私は以前スイスで食べてたことがあるのですが、正直あまり美味しいとは言えませんでした。特に、ワインの匂いが・・・。ですので、妻にはあまり勧めなかったのですが、そうは言えども、やはり一度は体験してみたかったようです。

 で、妻の感想は・・・

「美味しいと想像して食べたら、とても重くてちょっと残念」
だそうです。

 日本で食べるチーズフォンデュは、日本人用にアレンジをしてあるようです。


06_09_17Swiss_028.JPG

 昼食が終わっても外はあいにくの天気でした。このような天気の日は、町でウィンドウショップんぐです。グリンデルワルトの町は有名な観光地だけあって、色々なお土産屋があります。今日は日曜日だったのですが、そのうちの9割は営業しているようでした。

 スイスのお土産と言えば、まずは時計。高級時計から比較的手ごろなものまで色々とあります。そして、もう一つ有名なものとしてオルゴールがあります。実は以前、私がスイスに来たときに妻へ(当時は結婚前でしたが)お土産で、ルージュ社(Reuge)のオルゴールを買って帰ってから、二人ともオルゴールが好きになりました。
 但し、ルージュ社のオルゴールは高いので、お金を貯めて将来良いオルゴールを買うのが私たちの夢です。


06_09_17Swiss_031.JPG
 
 町の散策も終わってしまったので、少々時間が早かったのですが、宿に行くことにしました。本日の宿は、こちらのリッフェルベルク(Riffelberg)。このホテルは、ゴルナグラート鉄道の途中駅にあるホテルで、標高2585mの位置にたっています。ですので、一泊二食付でピーク時の値段はガイドブックによるとCHF370(二人一部屋)だそうです。


 が・・・・


 今回は、実はスペシャルオファーを見つけてしまいました!
9月の週にだけ特別料金が適用されるという情報を、ホテルのホームページで見つけたのです。それは・・・なんと一人一泊二食付でCHF99というもの。

 この値段は、オクトパストラベル海外ホテル料金比較&予約のサイトなどで見つけられるホテルと比べても、格安です。しかもこのホテルは三ツ星ホテルですから。


 さて、色々と前置きが長くなってしまいましたが、ゴルナグラード鉄道でホテルに向かいました。その途中からの車窓風景が上です。ごらんのように低い雲がかかってしまっています。

06_09_17Swiss_040.JPG

 山の下がツェルマット(Zermatt)の町になります。完全に低い雲の下ですよね。


06_09_17Swiss_044.JPG

 このあたりの山では、牛ではなく羊が放牧されていました。前日までのグリンデルワルトではほとんど牛が放牧されていたのと比べて対照的です。何故なのでしょう?ご存知の方がいらしたら教えてください。


06_09_17Swiss_047.JPG

 今日の山の様子はずっとこんな感じでした。。。ですので、あまり今日は良い写真がありません。ですので、代わりに・・・

06_09_17Swiss_050.JPG


06_09_17Swiss_051.JPG


06_09_17Swiss_052.JPG

今日のディナーの一部です。特別料金でも、ディナーは一緒のようです。一人HCF99はお得ですよね!?

 さて、実は今日の宿泊者は私たちと、イギリス人の従弟と従姉の二組だけでした。このイギリス人のおじさんが、すごく話好き!宿のマスターも取り込んで仲良くなってしまいました!この人のお陰で楽しい二日間になったのです・・・続きは次回のエントリーにて。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

投稿者 Hide : 2006年9月17日 22:49


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bearhome.jp/mt/mt-tb.cgi/129

コメントを投稿してください

(承認されるまではコメントは表示されません。)