home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo

? スイス2日目(スイス到着からSt.Moritzへ) | メイン | スイス4日目(チューリヒ) ?

2006年9月11日

 ■ スイス3日目(ベルニナ急行の旅)

 アルバムページにスイス3日目(ベルニナ急行の旅)がありますので合わせてご覧ください。

 さて、今回の旅で最初にサンモリッツに来たのは訳があります。それは・・・このベルニナ急行に乗るためです。
06_09_11Swiss_088.JPG
 このベルニナ急行はサンモリッツまたはクールから、イタリアにあるティラノを結ぶ観光列車です。スイスで一番有名な観光列車は氷河急行ですが、氷河急行を最初から最後まで乗ると8時間以上掛かってしまいますが、このベルニナ急行は2時間程度でティラノまで行けます。しかも旅のメインはサンモリッツから最初の1時間程度なので、時間が無い場合は途中で降りても支障が無いという訳です。また、氷河急行は名ばかりで実際に氷河を見ることはほとんど出来ないのに対し、こちらのベルニナ急行は車窓から氷河を見ることができます。という訳で、乗ってみることにしました。

 この列車は予約が必要です。せっかくスイスパスの1等を購入していたので、1等パノラマシートを予約したかったのですが、あいにく満席。(前日の予約だったからだと思いますが、それでも平日の月曜日だったんですがね)しょうがないので、2等席を予約しました。ちなみに、予約料金一人CHF5でした。予約区間はサンモリッツからティラノ(Tirano)全線にしましたが、実際には途中駅のアルプ・グリュム(Alp Grum)までの乗車にしたので、1時間足らずの列車の旅です。

 朝の日の光で輝いているサンモリッツ湖を10時前に出発です。
06_09_11Swiss_005.JPG
急行と言ってもそれほど早く走るわけではありません。最初の30分はそれほど面白い景色があるわけではなく、のんびりと走っていきます。右に左に曲がりながら、徐々に坂道を登ると、山影から少し氷河が見えてくるようになりました。30分ほど電車に揺られると、最初のメインイベントが姿を現しました。

 ラーゴ・ビアンコの湖です。
06_09_11Swiss_039.JPG
湖と言っても実際は人口湖のようで、氷河から流れる水によって出来ているようでした。水の色は白濁しています。鉱山の成分が溶けてこうなったのでしょうか?この湖の上方には氷河が見られます。

 さらに列車が進み、サンモリッツからおよそ1時間弱でこの路線の最高地点(2328m)を通過すると、以降はティラノに向かって下りになります。そこからわずかに下ったところにアルプ・グリュムの駅があります。ここからの景色はまさに絶景!
06_09_11Swiss_098.JPG
駅から、このような氷河の絶景が見られるのです。しばし、私たちは駅で記念撮影をしたりしてのんびりと過ごしました。この車窓の中で、一番良い景色だと思います。ですので、ベルニナ急行でイタリアまで行くのも良いのですが、少なくとも帰りには立ち寄りたいポイントではないでしょうか?

 さて、本当は駅にあるレストランでゆっくりし、出来れば荷物を預けて散策しようと考えていたのですが駅には荷物預かり所が無く(というか、無人状態)、レストランも休業していました。しかしながら、幸いにも駅から100m程急坂を登ったところに見えるホテル兼レストランが開いていましたので、そこで休憩をすることにしました。
06_09_11Swiss_132.JPG

 そこからの景色はまさに絶景!天気が良かったせいもあり、ゆっくりと飲み物を飲みながら景色を堪能し、さらに早めの昼食をかねてチーズパスタ?を一つだけ注文して二人で食べました。ただし、帰りの列車の時刻があったので、事前にその旨を伝えてあわてて食べました。

 今日みたいに晴れている日は、写真のようなトロッコの車両が連結されることがあります。
06_09_11Swiss_128.JPG
この車両、ベルニナ急行に連結されることもあるそうですが、私たちの乗った列車には連結されていませんでした。アルプ・グリュムの駅を通る普通列車を眺めていると、そのほとんどに連結されていたので、帰りの列車で乗ることを期待していたのですが・・・残念ながら復路でも乗ることができませんでした。どうも、団体客の予約車両があったため、トロッコ車両を連結する余裕が無かったようです。残念!こういった路線は1等の席よりもトロッコの方が楽しいですよね。

 さて、今日は明日からの仕事のため、チューリッヒまで戻らなくてはなりません。帰りもサンモリッツは経由しないものの、来た時とほぼ同じルートでチューリッヒまで帰りました。チューリッヒに到着したのは5時頃。そこで前日に預けておいた荷物を受け取り、一旦ホテルにチャックインしてから、再度夕飯を食べに出ました。但し今夜は駅の中にあるレストランで簡単に。二人ともピザを注文しましたが、出来立てで美味しかったです。

 チューリッヒの町に限らず、スイスは物価が高いのでホテル選びは非常に迷いました。私たちはチューリッヒ駅から1駅のところにあるEtap Hotelに泊まりました。このホテルは日本で言うビジネスホテルに近く、値段もチューリッヒにしては安く泊まれます。ただし、シャンプーもドライヤーも無いので、観光気分を保ちたい場合はあまりお薦めしません。個人旅行のホテルを探す場合などは、オクトパストラベルや、海外ホテル料金比較&予約ができるサイトなどを、私たちはよく利用しています。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

投稿者 Hide : 2006年9月11日 18:16


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bearhome.jp/mt/mt-tb.cgi/123

コメントを投稿してください

(承認されるまではコメントは表示されません。)