home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo

? ジュースで染色 | メイン | アメリカの読書スタイル ?

2007年7月25日

 ■ ゲージはきちんととりましょう

 自分で紡いだ毛糸で、セーターを編み始めました。少しボコボコしているのが、逆にデザインになっていい感じの風合いになっています。

 ちょっと編んでから、このサイズの編み棒でOKそうだな?と、うきうき編み続けて、前身頃を完成させました。何かちょっと大きいような気がして測ってみると・・・、予定より1.5倍以上大きくなっていました?!

 ここまで編んでから気づくなんて、ちょっとショック。ゲージなんて面倒、時間を節約したいからと思ってしまうのですが、こういう痛い目にあって、人は学ぶのですね。編むのが早いのがとりえだけあって、2時間しかかけていなかったけど・・・。

 全部ほどいてから、丁寧にゲージを編みました。そして、再び編み始めました。

 今度はぴったり、大丈夫です。ゲージってバカにできないな!と反省。

 でも、スピンドルで紡いだ毛糸は、糸の太さを調整できないので、これは今後の課題です!

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

投稿者 Mako : 2007年7月25日 18:50


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bearhome.jp/mt/mt-tb.cgi/212

コメントを投稿してください

(承認されるまではコメントは表示されません。)