home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo

? ニューヨーク州での免許事情1(国際免許での運転期間) | メイン | アメリカの小学校で日本を紹介する ?

2007年2月23日

 ■ ニューヨーク州での免許事情2(筆記試験)

 前回のエントリーでは、国際免許証のことに関して書きましたが、幸いにもアメリカ滞在を1年間延長することが可能となり、DS-2019を更新しました。そのため、ようやく免許証取得への第一歩が歩めます。

他の州のDMVオフィスなどの一覧、および情報はこちらのHPが参考になると思います。

 現在、ニューヨーク州の免許取得にはソーシャルセキュリティーナンバー(SSN)が必須となっています。しかしながら、J1の身分の私でも、現地の大学から給料を貰っていない場合はSSNの取得が出来ません。従来は出来たようですが、大学では無理だと言われました。その代わり、ソーシャルセキュリティーオフィスでSSNを貰えない旨の手紙を作成してもらえば、それで代用することが出来ます。

 私の場合も上記手紙を貰いました。SSNが発行される場合は、カードが届くまで免許申請に行けないため、かえってもらえない人のほうが早く免許取得ができるかもしれません。

 さて次に必要な書類は6点分の証明書です。これには
・パスポート、I-94、DS-2019(Jビザ)・・・3点
・大学のID・・・1点(学生で成績証明書があれば2点)
・銀行のステートメントorATMカードなど(1点)
上記5点までは簡単に揃えられたのですが、最後の1点が足りません。その他にも、公共料金の請求書(1点)なども使えるのですが、住んでいるところが大学のファミリーズハウスなので、公共料金の請求書がありません。そこで、NY州の日本総領事館に書いてある情報で、その他の比較的取得しやすいものとして、 スーパーマーケット発行のチェック・キャッシング・カードを紹介しています。(SSNを取得できた方はほとんど問題ないと思います。)

 そこで、友人にお願いして調べてもらったところ、私たちの住んでいる近所では発行することが出来ないそうです。担当者にも寄るとは思いますが、SSNが無いことで非常に困難でした。そこで、妻と友人がDMVに行って直接証明書に関して聞いてみたところ、
・銀行のステートメントまたはATMカードなど
・それとは別の機関が発行したクレジットカード
それぞれで1点ずつ可能だと言うことが分かりました。実は妻がDMVに言った際に、日本のシティーバンクで作ったドルカード
シティカード入会申込

を見せた際、”アメリカで発行したんだよね?Citiカードだからそうだよね?”と聞かれとっさにYesと答えてしまったそうです。その結果、上記の書類にクレジットカードを加えたら6点分揃いOKだと言われたそうです。

初めに気づかなかったのは、DMVのHPに以下の通り書いてあったからです。
You can provide only one of these items issued by a financial institution issued in the US:
a bank statement
a cancelled check (which displays your pre-printed name)
an ATM card or a debit card (which displays your pre-printed name and your signature)
a valid major US credit card
なので、上記のどれか一つだけしか使えないと思ったのです。しかし、DMVで妻が貰ってきた別の書類には、”同じ機関で発行されたものは一つしか使えない”&”同じ種類、例えば複数のクレジットカードを持っていても一つしかカウントしない”と書かれてあり、確かに銀行カードとクレジットカードをそれぞれ使うことが出来ました。

 さて、ここで悩みました。もし証明書をDMVでチラッと確認するだけだったら今のシティーカードで大丈夫でしょう。でも、もしコピーなどを取られるようだと、”アメリカで発行されたメジャークレジットカード”という記載に違反していることがばれてしまいます。そこで、そんな事になっても大変なので、新たに現地のクレジットカードを申し込むことにしました。とは言っても、これまたSSNが無い身ですので普通の会社では拒否されてしまいます。そこで、ANA Card USAに申し込みしたところ、丁度3週間程で審査が通り、カードが届きました。

これで、渡米してから9ヶ月経ち、ようやく免許証の申請に行くことが出来ました。DMVオフィスに行ったら書類を記載し、上記証明書&SSオフィスからの手紙を見せ、書類チェックは合格。クレジットカードも名前を確認するために使われただけで、特にコピーは取られませんでした。、なので日本のシティーカードでも通ったかもしれませんが、証明書の嘘は犯罪ですので止めておきましょう。

 その後、筆記テスト。20問中14問以上の正解で合格。但し、標識は4問中、2問以上正解する必要があります。DMVオフィスで事前に貰っておいた教本を一通り読み、HPにあるクイズをやっておけば問題なく通りました(一応100点でした!)。日本語のテストも置いてあるそうです。ただ、事前の情報で日本語訳がおかしかったりするそうなので、今回は英語で受験しました。、一箇所英語が分からなくて悩んだところがありましたが、大よその感で正解でした。

 筆記試験は随時行われ、回答し終わったら窓口に持っていけばその場で採点されます。その後写真を撮られ(普通は最初に撮影だと思います)、料金を支払い終了しました。値段は年齢によって変化しますが、私の場合は$52.50でした。その後、紙で出来たInterim Permitを貰いました。写真つきのLearner's Permitは2週間ほどで送ってくると言われました。

 これでなんとか免許証が手に入る見込みです。この後、NY州で必須の5時間事前講習を行い、その後路上試験が待っています。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

投稿者 Hide : 2007年2月23日 16:28


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bearhome.jp/mt/mt-tb.cgi/161

コメントを投稿してください

(承認されるまではコメントは表示されません。)