home_logo diary_logo" album_logo link_logo english_logo

? パットの家でホームパーティー | メイン | ナイアガラの滝を見に行く ?

2006年8月28日

 ■ TroyからNiagara Fallsへのドライブ

 先週末はナイアガラの滝まで1泊2日の旅行をしてきました。このナイアガラの滝を知らない人は居ないと思いますが、ナイアガラの滝はカナダとアメリカにまたがってあります。ちなみにアメリカ側はニューヨーク州。というわけで、せっかくニューヨークに滞在していて、それほど遠くないところにあるのだから一度は見に行かなくては・・・という訳で行ってきました。本当は、来週末はニューヨーク、その次の週にはスイスと旅行が立て続けにあるだけにずらしたかったのですが、やはり行くなら夏!という訳で先週末に行くことにしました。

 Troyの町からNiagara Falls(という名前の町があります)は西に300マイルほど行ったところにあります。1マイル1.6kmなので、およそ500km。ということは、東京?大阪くらいの距離があります・・・ってアメリカの地図を見る限り近くに見えたんですが、今改めて日本の都市間に換算すると距離がありますね。実際の行き方はインターステートハイウェイという高速道路I-90を西へひたすら走る!実に総距離の9割はI-90です。この道は東海岸にあるBoston-Albany-Buffaloなどを結んでいる道です。

ナイアガラまでの交通手段ですが、高速バスがあるかと思いきや、乗換えをしなくてはならなかったりして、最短で半日ほど掛かってしまうことが分かりました。また電車は、New York City - Niagara Falls を結ぶメープルリーフ号というのがありますが、これもまた9時間くらいかかってしまいます。という訳でレンタカーに決定!

 アメリカでレンタカーを借りるためには日本の免許証と国際免許証が必要です。日本のレンタカー会社は土・日休まずに開いており、更には24時間営業の営業所もありますがアメリカの普通のレンタカー会社では土曜日は9?12時まで、日曜日は休みというところも多いみたいです。私たちは家から比較的近く、料金も安いEnterpriseという会社で車を借りました。ディスカウントクーポンを使うことで、下から二番目のクラスの車をなんと1日辺り$26.59で借りました。ところが・・・これには州法で要求される最低限の保険しか入っていないので、別途、対物・対人、搭乗者保険などを掛けると2日間で$105でした。本当はこれらの保険は必須ではありません。そのため、チラッと他の人たちの書類を見てみると、アメリカ人のほとんどの人はこれらの保険には加入していないようでした。ただし、別途自分の保険会社でカバーしている可能性はありますが・・・私たちのケースでは、日本で入ってきたグローバルプロテクションのJFC海外赴任者総合保障制度でカバーされる部分があるのですが、自動車事故の免責額とレンタカー会社加入の保険との間にカバーされない領域が生じてしまうので、これらの保険は安心料として加入しました。

 アメリカのレンタカー会社では、多くの場合指定場所でピックアップしてくれるようです。そこで、私たちは土曜日の朝9時に電話して迎えに来てもらい、レンタカー会社に行きました。本当は、下から二番目のクラスを予約していたにもかかわらず、2ランク上の車を貸してくれました。これにはラッキー!これにはCruise Controlが装備されていたからです。日本では高級車にしかクルーズコントロールは付いていないと思いますが、初めて使って納得!一定の速度で走るには非常に楽でした。

 さて、ナイアガラへの道ですが、事前に道や距離を調べておいたものの、高速道路の最高速度によって掛かる時間は大幅に変わってしまいます。この速度制限は州によってさまざまで55?75マイルだそうです。実際I-90の速度制限はほぼ65マイル。この換算だとおよそ5時間弱かかることになります。日本だと、高速道路で20km/h、一般道で15km/hが速度取締りを受けるかどうかのリミット(保障はできませんが)です。ニューヨーク州の場合、これがどれくらいなのかと思い、ヘザーに事前に聞いてみると、9マイルオーバーまでセーフとのこと。300マイルだったら4時間で着くよ!と気楽にヘザーに言われていましたが、74マイルで休憩無しで走れるわけはないでしょう・・・と心の中で思うのでした。

 実際に走ってみると、74マイルで常時走行するのはやはり難しいと思います。トラックなども多く、坂道などでは速度低下もしますので。ただ、70マイルくらいの速度では走れました。ただし、速度超過には要注意です。走行中反対車線で3回、同じ方向で1回取締りをされている車を見ましたし、中央分離帯で構えているパトカーが居ました。このパトカーですが、ニューヨーク州では白地に青の文字でPoliceと書かれていますが、高速道路のパトカー^は深緑色をしていますので、パトカーの存在に気づくのが遅れます。なので、安全運転のためにも速度超過は5マイル程度にする方がお勧めです。

 事前にYahooやGoogleで道路地図を調べ印刷しておきましたが、地図の見易さではGoogleの地図の方が見やすいでしょう。ただし、日本版Googleでもアメリカの地図が調べられますがドライブ情報(二地点の道路案内)などの機能が使えないようなので、アメリカ版のGoogleの方が良いと思います。もっとも、ドライブ情報はYahooの方が分かりやすかったので、それを印刷していきました。念のため、往路・復路それぞれのドライブ案内を用意した方が迷わないと思います。特にジャンクションでは高速道路の番号が変わるため来る方向によって出口番号が異なることがあるためです。また、East, Westなども反対になりますしね。

 そんなこんなで、朝10時ごろに家を出発した私たちは、途中昼食休憩などをしながらも3時半にはナイアガラのホテルに到着しました。この続きの記事は、別のエントリーにて。

ランキングに参加中です!あなたの一票でランキングが決定します!!
是非ともブログランキング ブログ村をクリックお願いします!

投稿者 Hide : 2006年8月28日 18:19


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bearhome.jp/mt/mt-tb.cgi/111

コメント (2)

楽しく拝見させていただきました。私は今年アメリカ大陸を「徒歩」横断を計画してて居ます。5800キロ歩きます。出発はカナダ
バンクーバー、ゴールはニューヨーク「マンハッタン」です。最大の難関は陸路からの国境越えです。徹底的に調べられて、かなり厳しいと訊きます。国境越えはカナダトロントからナイアガラの滝経由でバッファローに入ろうと計画していますが、アメリカに陸路から入るルートは、いくらでも有りますが、何かアドバイスがあればお願いします。ナイアガラのような観光地は一見、観光客も多く入り易 そうに見えますが、作戦としてどんなものでしょうか、田舎のなんでもない道の方が意外と入りやすくないですか?????

投稿者:たかした そうきち : 2010年2月15日 00:09

コメントありがとうございます。徒歩での入国は何処でも問題無いと思います。滞在期間によってはVISAが必要ですが、VISAの必要が無い期間の滞在なら、空港での入国審査と時間的・内容的には何ら違いがありません。観光地だと審査待ちに時間がかかる可能性はあると思います。徒歩で5800キロとはすごいですね。どれくらいの期間を想定されているのでしょうか。ぜひとも成功させてください。

投稿者:Hide : 2010年2月15日 08:57

コメントを投稿してください

(承認されるまではコメントは表示されません。)